NPO法人コスファについて

まちづくりの拠点
まちづくり活動に関わる多くの団体にとって必要不可欠な課題ですが、2004年9月1日、世田谷区北沢2丁目に1つ誕生しました。ちいきにとって、必要な機能とはなにか、ちいきの特性とニーズに見合った建物を3年間丁寧に議論し、出来上がったCOS下北沢です。
NPOコスファは、その建物COS下北沢の運営を担います。オーナーとの20年間の契約主体として、参加団体とも契約を結び、豊かなまちづくりを実践します。
2003年7月設立総会を開催し、12月15日認証・登記を行いました。認証に先立ち、「COS下北沢をつくる会」として2年間の準備期間がありました。 略称をNPO法人コスファとし、趣旨をコスファ憲章と言う形で表し、多くの賛同を呼びかけています。

コスファ憲章
誰もが、自分たちの住む地域が豊かで暮らしやすいまちになればという願いを持っています。私たちは、地域に愛着をもち、人と人との交流のあるまちづくりを進めるために、この憲章を定めます。

  1. 個人のライフスタイルを尊重し、地域で助け合いながら安心して働き、学び、子供を育て、ゆとりある老後を過ごせる『共生のまち』の創出に寄与します。
  2. 多様な活動や働く場を分かち合う協働スペース「コーポラティブスペース」をつくります。
  3. 豊かな生活空間の創出のための、あらゆる分野における人材の育成をします。

私たちは、願いをかなえるために、「参加」「話し合い」を重視します。互いの「権利」を尊重し、意見を言ったり、提案をしていくことで信頼関係を築き、互いの問題解決をはかります。
(2003年11月作成)

主な事業
□ちいきの人々のための協働スペースの管理、運営、利用に関するコーディネート
□多様なまちづくり活動のための相談事業
□ちいき住民交流事業
□多様なまちづくり活動のための調査研究活動
□多様なまちづくりのためのセミナー・研修などによる人材育成事業

2004年度下半期の主な活動
□8月23日〜8月28日 COS下北沢オープニングウイーク 
『ちいきの意見を聞きながら、みんなが訪れたくなる、ちいきの暮らしが元気になる場所つくり』のスタートとして、8月23日より28日まで各種イヴェント実施。

□11月25日〜11月30日
秋田県立大学 農村再生プロジェクト 都市部受け入れ担当として参加
ちいき住民交流事業として受託。産地直送のお米や農産物やもちつき企画はCOS下北沢ちいき住民にも好評。

□見学・研修受け入れ
地域貢献型建物の設立・管理・運営・利用に関する事例として各方面からの関心が高く、誕生の経緯を始め、完成までの様々なプロセスに関する資料作成、受け入れ体制の整備を急いでいる。

資金&寄付募集のお願い
NPOコスファ(前身のCOS下北沢をつくる会)では、COS下北沢の建設資金のうち、約2割にあたる1,000万円の基金を多くの賛同者の方から寄せていただきました。COS下北沢が「楽しみな試み」として期待された結果として感謝すると同時に今後期待が心配に変わらないよう、一層気持ちを引き締めて運営に当たります。
COS下北沢の活動が本格化するなかでは、諸経費もまだまだ不足しています。引き続き、建設基金の募集も継続いたします。NPOコスファの会員・賛助会員のお申し込みと共によろしくお願いいたします。なお、お預かりした基金は地主さんとの契約終了後、10%の減価償却分を差し引いて地主さんから返還されますが、NPOコスファではこの償却分についても補填いたします。

特定非営利活動法人コスファCOSFA会費および建設基金・寄付 振り込み先
□会員(個人・団体)  年会費 10,000円
□賛助会員(個人・団体)  年会費 5,000円
□建設基金(20年後償還)1口 10,000円

【郵便振替口座】
00110-0-579830 名義COS下北沢をつくる会

【銀行口座】
三菱東京UFJ銀行 成城学園駅前支店 千歳船橋出張所
普通預金 4521273
名義 特定非営利活動法人コスファCOSFA